中文English日本语
Home > News&Topics

公司の登録資本登記制度改革について

2013年10月25日、国務院常務会議が主催され、登録資本登記制度改革の主要内容を明確した。
(1)登録資本登記条件を緩和した。法律、法規に別途定めのある場合を除き、有限責任公司の最低登録資本金3万元、一人有限責任公司の最低登録資本金10万元、株式有限公司の最低登録資本金500万元という制限、公司設立時の株主(発起人)の初回出資比率と払込期限という制限を撤廃すること、並びに公司の払込資本金を工商登記事項から外すこと。
(2)企業の年度検査制度を年度申告制度に変更し、いかなる法人又は個人であってもこれを閲覧可能にすること、公平、規範な抜取検査制度を立ち上げ、役所管理の公平性と効率化を図ること。
(3)市場主体の住所(経営場所)の登記条件を緩和し、各地方政府がこれを具体化すること。
(4)企業信用制度の構築を推進する。企業の登記登録、年度報告、資格ライセンスなどを市場主体信用システムで公示し、デジタル営業許可書と登記管理の全過程のデジタル化を推進し、紙質の営業許可書と同等の法的効力を付与する一方、違反行為のある市場主体を「ブラックリスト」に列挙し、これを社会に公表することによって、企業の「信用コスト」を高めること。
(5)登録資本金制度を払込登記制から引受登記制に変更し、起業コストを引き下げること、関連法律法規の改善を基礎とし、株主(発起人)が引受出資額、出資方法、出資期限などを自ら決定し、かつ、出資の払込の真実性、合法性について法的責任を負う制度を実施すること。

Diamond Legal

Focus on Excellence

沪ICP备05018036号