中文English日本语
Home > News&Topics

「最高人民法院?最高人民検察院によるネットの利用によって誹謗を実施する等刑事案件の適用法律に関する問題の解釈」が発布された

 

 

2013年9月6日、最高人民法院?最高人民検察院は、「最高人民法院?最高人民検察院によるネットの利用によって誹謗を実施する等刑事案件の適用法律に関する問題の解釈」(以下は、「解釈」という。)を発布し、ネットによる誹謗等犯罪行為の懲罰に関して、明確な法律根拠を定めた。

当該「解釈」には10条があり、主な内容は以下の通り挙げられる。(一)ネットによる誹謗犯罪の行為方式、即ち、「事実を捏造し、他人を誹謗する」に関する認定問題を明確した。(二)ネットによる誹謗行為の有罪となる基準、即ち、「情状が重い場合」に関する認定問題を明確した。(三)ネットによる誹謗犯罪に公訴プロセスを適用する条件、即ち、「社会秩序と国家利益を厳重に危害する」に関する認定問題を明確した。(四)ネットによる挑発混乱引起罪の実施に関する認定問題を明確した。(五)ネットによる恐喝罪の実施に関する認定問題を明確した。(六)ネットによる不法経営罪の実施に関する認定及び処罰問題を明確した。(七)ネットによる誹謗、挑発混乱引起、恐喝、不法経営等犯罪の共犯に関する内容を明確した。(八)ネットによる誹謗、挑発混乱引起、恐喝、不法経営罪及びその他犯罪の数罪問題及び処罰原則を明確した。

「解釈」は2013年9月10日より施行される。

Diamond Legal

Focus on Excellence

沪ICP备05018036号